トイレつまりの前兆

トイレトイレがつまる前に前兆を知っておくと早めに業者に連絡できたり対応が取れます。トイレつまりの前兆ですが、便器にたまる水の水位が高くなっていたら注意が必要です。そのまま放置していると便器から溢れるくらいの水位になって最悪の場合水が溢れ出てしまうこともあります。このようなケースですと便器の排水路のつまり、または下水管のつまりが考えられます。

他には、水を流した際にゴボゴボといった異音がなるようになったら注意が必要です。下水管にトラブルがあるか、つまりが発生している場合があります。このような場合、業者に任せなければ解決しないほどのトラブルが多いので早めに業者に連絡しましょう。また、水が出ないなどのトラブルはトイレタンクに原因があるのでタンクの蓋を開けて確認しましょう。

集合住宅の場合、放置しておくと他のお宅に迷惑をかけてしまったりする場合もあります。または、もっと奥の下水管でつまっていたりする場合があるので、業者に連絡する前に大家さんや管理会社に連絡するほうがいいでしょう。つまっている箇所や場合によっては管理会社などが費用を負担してくれたりするので、急でなければそのように対応したほうがいいと思います。